DIY リメイク

ホーローの穴あけ方法

投稿日:

 

 

 

 

 

 

ついに我が家にもホーローのウォッシュスタンドが来ました。

 

 

めちゃくちゃかわいい…念願です。

もちろん洗面器、洗面台として使用されていたものなのでこのままでは花を植えられません。

 

なので下部に穴をあけなければいけないのですが

本来ホーローは穴はあけられないんです。

 

なぜならベース部分が鉄製で、表面の白い部分はガラス質の釉薬がかかっているからなんです。

異なる素材が重なっているのとその一方がガラスというのが厄介です。どちらか片方ならどうにでもなりますがこの場合は割って穴にするという感覚です。

 

ネットで調べたところ プロの方は本当にきれいに開けていらっしゃいましたがその方1人くらいで、ほかは私みたいに素人の方がガーデニング用品などに穴をあけているものがちらほら載っているだけでした。

 

 

とりあえずうちにあるものを使って挑戦してみたのですが、思いのほかきれいに開けられたので記します。多分ネットのプロの方の抜けば一番綺麗なんじゃないかな?笑

ホーローに穴をあける予定のある方は是非参考にしてください。

 

使った用具は

  • 千枚通し
  • トンカチ
  • 電動ドリル
  • 三つ目キリ(ダイソー)
  • セロハンテープ

 

のみです。

 

 

早速やり方を説明します。

 

まず穴のあける部分に油性ペンなどで点を付けたら上からセロハンテープを貼ります。(※下に追記あり)

これがかなり大事です。ガラス質の釉薬が割れ広がるのをかなり防いでくれます。

 

 

そして点の上に千枚通しを当ててトンカチで打ち込みます。これは表面のガラスを割るためだけですので音が変わったらやめます。いきなりドリルから始めても穴が開きません。

 

 

音が変わったら電動ドリルにかえて穴を開けます。細い径のもので開けてください。

裏面のガラスは勢いで開きます。

 

使用ドリル↓

 

 

 

するとこんな感じになります。

裏面のセロハンテープは後で貼りました。裏面(中側)は土で隠れるので見栄えは悪くてもいいかと最初に貼らなかったのですが、穴を開ける前に大体で見切りをつけて貼っておけば裏面もかなりキレイに穴が開くと思います。

テープを貼らないとどうしても弾が通ったかのような割れ方をします。笑

 

 

 

 

だって表面はこんなにきれいなんです!!!

 

綺麗なのはドリルのあとにキリで穴を広げたおかげでもあります。ドリルで広げようと思ったら径が太すぎて穴に合わず、使えなかったので仕方なくキリを使ってみたのですが意外といい感じでした。

 

 

三つ目キリは四つ目キリよりもかなり太めで、この膨らんでいる部分までグリグリ差し込めたら戻して、180度向きを変えてまたさすと結構大きくなります。膨らんでいる部分以上にさしてしまうと戻ってくるのが大変なので注意してください。

 

 

 

ここまでやると上の画像のように綺麗に開きます。

 

ホーロー系の容器を鉢に代用するのでしたら大体浅かったり、小さかったりすると思うので穴の大きさはこれで十分かと思います。面積や深さに応じて穴の数を調整すればいいかと。

 

 

 

 

ガラスは結構飛び散るので場所にはお気を付けて(;´Д`)

 

ぜひ使っていないホームがあったらお庭に活用してみてください!

 

 

↓ランキングに参加しています。クリックして応援していただけるととっても嬉しいです(#^^#)

-DIY, リメイク

Copyright© diy garden , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.