garden reinaの育て方 セリア

ズボラ女子の簡単挿し木

投稿日:

 

 

 

以前やったやり方と同じ方法で9/2、新たに挿し木(挿し芽、挿し穂)をしました。

その方法を書いていきます。

 

前回やったのは極小バラで元々発根しやすいそうですが 100%の結果です。

 

ただし、土は切らしたのでそれだけは違うものを使用しています。

 

 

1.苗のカット

 

まず清潔なカッター、ハサミを使用して若い茎を切り取ります。

 

 

本当はカッターなどで繊維を潰さないように切るのがいいですが試した時に面倒だったのでそれからハサミにしています。

花はついていない方がいいです。もしついている部分をやる場合は花の部分も切り落とします。元々ついていない部分よりは発根率は下がるかもしれませんがこれは品種によります。

 

使う前に ※熱湯消毒(↓に記載)して、切り口が潰れないようにスパッと切ります。

 

 

2.水揚げ

 

カットしたものをすぐに活力剤を混ぜた水の入った瓶にいれます。

 

 

瓶の中にハサミを入れて熱湯を注ぐと、瓶も、カットで使うハサミも両方消毒できます。ついでに他のハサミも入れています。5分くらい経ったらしっかりと拭いて水気を取ります。

 

活力剤はメネデール、リキダスなどで、肥料分が入っているものはNGです。必ず肥料ではなく、活力液で。でも使うのは必須ではありません。

 

 

 

私はメネデールを早く消費したいのでメネデールを使います。笑

 

 

 

3.挿し床の用意

 

鉢を用意します。

これは挿し木用の鉢と決めているセリアのものです(笑)

 

 

水揚げ後にまた外に出るのが面倒だったので家の中でやってます。笑

底に鉢底ネット、またはキッチン用の水きりネットなどを敷いて 種まき、挿し木用の細かい土が溢れないようにします。

 

ズボラなので、切らないでそのまま水きりネットを敷いています(笑)

 

 

土を入れ、濡らします。

 

 

 

4.カット苗を挿す

 

水揚げ後2時間以上たった茎を、割り箸などで穴の開けた土に挿します。

 

このとき切った部分が傷つかないように挿します。前もって穴を開けるのは必須です。

鉢の端の方に挿した方が発根しやすい、と聞いたことがありますが私は比較していないので定かではありません。

 

 

ルートンがあれば使います。必須ではないです。

切り口に粉をつけるだけ。

 

 

たしか このダイアモンドフロスト のようなものは節から根が出るはず。。。

なのでカットする際に節の下を切るように意識して、節から出ている葉などを取り除き、節のちょっと上まで土に挿します。

 

こういうのは意外と多いかも。節がなくても一定間隔で葉が出てるやつとか…不安なら全部、下の方の葉は取り除いてその部分が隠れるように挿せば、切り口部分の発根だったとしても、葉の部分・節の部分から発根だったとしても、どちらにも通用します。

 

 

 

最後に土を寄せて、完了!

受け皿を用意して底面給水のみにします。根が出るまで乾燥厳禁。根が出たら根腐れしないように調整しないといけませんが早めの発根確認は根を傷つけダメにするのでNGです。そこらへんは感覚でやります。笑

 

 

秋にやるのも、この品種も初めてです。うまくいくかな?

30℃以上に戻る予定だったけどしばらく雨みたいなので挿し木にはもってこいかも。

今日明日だけは晴れる予定だったのに今日も雨に変更で…いろいろやりたかったのに(:_;)

 

 

挿し木は失敗したらまたやればいいやくらいで早めに取りかかりました。

黄変したり枯れ込まなければ成功です。2ヶ月くらいは放置かな。

 

 

また、結果が出たら報告します(´,,・ω・,,`)

 

 

 ↓ランキングクリックして応援していただけるととっても励みになります!よかったら、よろしくお願いします。

-garden, reinaの育て方, セリア
-,

Copyright© diy garden , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.