DIY

野菜用木製プランターをDIY!

投稿日:

 

 

 

1から設計して作った木製プランターが組み立て終わりました!

 

 

まだ色付けなどは終わっていませんがそれまでの手順を書いてみますね♪

 

 

1. 木材選び

 

1枚1枚木材を買っていくと意外と高くついてしまいますよね。

サイズ(幅、厚み)がそろっているものを作るなら 同サイズが束で売られているものが安く済みます。

なので設計の際に出来るだけまとめて購入できるよう考えておきます。

 

今回は他にいいものがなかったので 野地板 というものにしてみました。

調べると屋根の瓦の下などに敷くそうですがその割には結構雑な作りの板です( ゚Д゚)

 

幅も板によって結構アバウトだし、表面もでこぼこしていたり反りがあります。

ネットではこの厚みがあれば反りにくいと書いてあったんですが…

 

でも! 来年引っ越す予定なのでいつまで使えるかわからないし個人で使うものなので形になればオッケー!費用が一番です。

価格が安いのが唯一のメリット!180センチくらい×6本で980円でした!

 

ワンバイ材を使う予定で計算し設計していましたがこのくらいなら作りながら臨機応変に変更していけるでしょう!ということで採用。

 

そして車に積める大きさなのが良かった…

入らなければトラック借りてまとめ買いしておかなきゃだったので(;´Д`)

これならちょこちょこ買いに来れます。。。

 

※設計について

一から設計するとなると漠然としすぎていてどこから手を付ければいいかわかりませんよね。そういう時は無理やり条件を引っ張り出して仮定するといいです(#^^#) 例えばここに置きたいから幅を合わせて〇センチまで、とか…正面から見たときの見栄えを一番よくしたいから出来るだけ接続面が見えないように計算していくとか…大きいものを育てたいから最低限この深さは欲しいとか…

 

 

2. 切断

 

 

インスタのストーリーにあげたGIFを切り取ったので荒いし文字入りです(笑)

 

いいジグソーを買ってもらったので1から切っていくことに。

斜めも簡単に切れていいです。

 

実際はもっと書き込んでありますが設計図も右上にある通り結構簡単なものです。

ただ今回も斜めが入っています(笑)

 

前回は角度求めたり、斜めカットにプラスαしたので長さが変わったりで大変でしたが今回はそこまで複雑じゃありません。

 

 

3. 組み立て

 

 

 

 

まず中の箱から組み立てます。斜め部分は板3枚分の幅です。

実はその斜辺側に来る板の枚数は計算しないで作りながら考えようと思っていたのですが

たまたま4枚でぴったりだったのでラッキー。

 

下に1,2ミリ隙間をあけたので特に穴はあけずに排水性も問題ないかなと思います。

 

ひたすら電動ドリルで木ねじをさしていきます。

 

 

 

箱を完成させてから周りの骨組み。

 

足部分は同幅の板を縦半分に切断しました。

ワンバイ材を使用予定だったので当初より足部分が細く、薄くなってしまいました。

 

なので背面に筋交いを入れてみました。

これで最初よりはましなはず。結構土の量が入るのでその後が心配ですがとりあえずこれで完成です!

 

 

あとはサンダーと塗装です。

 

サンダーは充電器を買い忘れて使えない状態です(笑)

ただこちらはすぐにどうにかできます。

 

 

問題は塗装です。

メーカーや種類は決まっていますが色が決まらなくて…完成してからイメージしようと思いましたがなかなか…

 

しかも店舗にはほとんど置いていないんです。まだ1店舗しか置いてあるところ見たことないので必然的に通販になります。。。

 

 

完璧に仕上げられたらまた載せますね(#^^#)

 

今日はこの辺で( *´艸`)

↓ランキングクリックしていっていただけると嬉しいです♪よろしくお願いします。

-DIY
-, ,

Copyright© diy garden , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.